+84-28-3823-7477(ホーチミン)

+84-24-3795-4290(ハノイ)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年11月01日 日常生活

ベトナムの服装について

衣服をたたむビジネスマン

要点

1.ベトナムの服装について
2.ベトナムの服装事情

1.2ベトナムの服装について

ベトナムは全体として高温多雨で、熱帯モンスーン気候に属しており、南北に細長い国土のため、地域によって気候は大きく異なります。全体的に高温多雨となっております。

特に乾季(11~3月)は、北部エリアでは朝晩はジャケットを必要とするほど冷えます。反対に南部では日中30℃を超える日が続きます。雨季(5月~10月)には雨が一日中続くこともあるが、多くは1日に一時的なスコールが何度も降っては止んでを繰り返すような天気になります。 陽射しが強いので、サングラスや帽子、着替えなどを持ち歩くと便利です。南北で気候が大きく異なる為、目的地別に服装を決めることが大切です。

北部(ハノイの場合)

年間平均気温 24度
北部は温帯気候に属し、日本同様に四季があります。11月~3月がハノイでの冬の気候となりますが、寒い時で約13度まで気温が下がります。日本でお使いの秋服あたりが丁度良い気温となります。4月から10月までは日本の夏と同じ格好で問題ないでしょう。日差しが強い為、日焼け対策としてサングラスや薄手の長袖、帽子等があると重宝します。降水量が多い為、レインコートを持っておくと便利です。

中部(ダナンの場合)

年間平均気温 26度
年間を通して夏服で過ごすことができます。一番寒い時期である1月でも20度前後の為、パーカーなど、肌寒さにも対応できる上着を持っておくと良いです。特に注意が必要なのは、雨季である9月10月の大雨です。特に9月の雨量は日本の約7倍にもなります。洪水が起こることも珍しくない為、雨具や防水の靴や上着などを持っていくと重宝します。

南部(ホーチミンの場合)

年間平均気温 28度
年間を通して暑さが続きます。夏服があれば問題なく過ごすことができます。
北部よりも蚊とスコールが多発する為、長袖やレインコートを持っていくと便利です。

2.ベトナムの服装事情

ベトナムの国民は服装を重視する傾向にあります。男性は長ズボンにコットンシャツにサンダル、女性は肌を露出しすぎない格好が望ましいとされています。パゴダや寺院や神社に入る場合は足や肩など、肌の露出は控えるようにしてください。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+84-28-3823-7477(ホーチミン)
+84-24-3795-4290(ハノイ)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21ベトナムでは日本人のお客様を中心にホーチミン・ハノイで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらベトナム人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。